交通事故に遭った後

弁護士に交通事故トラブルを任せられる事例

危険性交通事故が起きた時、揉めるポイントになるのが、過失割合です。
過失割合が大きい方が加害者で、小さいほうが被害者ということになり、
加害者は被害者に損害賠償金を支払うことになります。

ですが、加害者に非があっても、被害者にも何か落ち度があれば、
加害者の過失割合が100%ということにはなりません。

その分、損害賠償金は過失割合によって決められるものですから、
加害者の過失割合が減れば、それだけ損害賠償金も減ってしまいます。

賠償金額

加害者の保険会社は、検証して過失割合を決めるのですが、
損害賠償金の支払いを抑えようと、被害者の過失割合を増やそうとします。弁護士に頼る

これでは被害者は納得するはずもなく、交通事故トラブルとなるのです。
しかし、個人で保険会社に対抗することは難しく、このような事例こそ
弁護士に頼るべきときなのです。

弁護士が間に入れば、保険会社も一方的な言い分をすることが出来ずに、
加害者の過失割合を引き上げてくれることが多いです。

ですから、交通事故に関する専門的な知識を持つ弁護士を探せるのかが、
交通事故トラブルを解決するための第一歩といえます。